« ロシア人のサービス品質 | トップページ | 自殺は日本人の文化? »

欧米式トップダウンの実際

「欧米式」マネジメントを目の当たりにする機会があった。

フランス人のボス(ピエール・仮)がロシア人の女性マネージャ(ナターシャ・仮)から報告を受けている。ビエールの英語の訛りがひどく大変聞き取りづらかったが、会話の流れだけを追うと、以下のように展開した。内容は公開できないので、ビデオの買い替えに例えてみる。

「タスク3番の、壊れたビデオの買い替えはどうなっている?」

「既に注文済みのため、来週にも新しいプレイヤーが届きます」

「Youtubeには対応しているのだろうな?」

「いいえ。家電メーカーにも確認しましたが、Youtube対応機種は出ていないとのことです」

「ガッデム!Youtubeが観れないなら、買い換える意味がないだろうが!うそつけ。対応機種がないなんて信じないぞ」

「本当です、ピエール。メーカーとのやり取りをご覧になりますか」

「観ない。対応していないわけがない。そんな機種を買ってくるなんて、全く理解できない」

「ですから、ピエール、世の中にはまだそういった機種はありません」

「もういい。お前とは話す気がしない。今まで一体何をやっていたんだ。とにかくYoutube対応機種を買って来い!」

と、こんな具合。文字では表現しきれないが、ピエールは、まるでパソコンがフリーズして3時間分の仕事がパーになったかのような激昂っぷり。

何が表現したかったかと言うと、強力なトップダウン→Yes。ロジカルな問い詰め→No。

日本にいるときは、欧米のマネジメントといえば、「トップダウンの強い推進力」「ロジカルな牽制機能」と憧憬を抱いていたが、後者については、必ずしもそうでないのかもしれない。日本における無責任な合議制が依然グローバル化の潮流の中で大きな課題であることに変わりはないが、だからといって欧米のマネジメント方式をそのまま導入すれば良いわけでないことを肌で感じた。

欧米で、強力なトップダウンが実は半分くらい理不尽に行われていたとして、それでもうまくいくポイントは、受け皿の強さによるところがあろう。

今回の件では、半ばあきれている私をよそに、当事者のナターシャは「驚いた?いつもこうなの。これでもましな方」とケロリ。やり取りの最中も、しょんぼり弁明というよりは、逆に誤解を解こうと、声をはりあげるくらいであった。彼女はまだ若く、決しておばさんという歳ではない。

今日の記事の中では答えを見つけることは出来ないが、欧米式を取り入れようとして、欧米のマネジメントを招聘しても、受け皿が日本人では機能しない。日本企業のための高精度・機動的で遡及可能な意思決定の方法とは何だろうか。

|

« ロシア人のサービス品質 | トップページ | 自殺は日本人の文化? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143978/10181882

この記事へのトラックバック一覧です: 欧米式トップダウンの実際:

« ロシア人のサービス品質 | トップページ | 自殺は日本人の文化? »