« ロシア人、男と女の事情 | トップページ

ロシアで財布を落とした件について

本日は、頭書の件につきご報告いたします。

去る2月17日、現地時間21時30分頃、私、xxxxはクレムリンに程近い日本食レストランまたはその近辺の路上で、財布を落としました。本件は、「ロシアでの生活も慣れてきて、住めば都だ」などと寝言をぬかしはじめた私の気の緩みがきっかけではありますが、東京でもしばしば財布や鍵を遺失することがあったことを考えれば、長年の注意散漫体質が慣れによりロシアでも明るみに出たと考えることが出来、まさに不徳と致すところであります。関係者の皆様には多大な迷惑をおかけし、申し訳ございません。今後、二度と同様の事件が起こることのないよう、ロシア滞在中はチェーン付の財布を用いることなどを柱とした業務改善計画を自分自身に課し、再発防止を徹底して参ります。

さて、落とした翌日。

「ロシアでは財布を落とした場合って、クレジットカードをまず止めた後、どうするの?」

同僚1「うん、まぁ飲みに行くんじゃない」

「・・・。」

「カード会社に警察に届けろって言われたんだけど、届けるべき?」

同僚2「警察署に行って半日潰したかったら、そうすれば。世界最高の公共サーピスが味わえるよ。いい経験だ」

同僚3「そういや、財布を盗まれて、免許の再発行に警察に言ったんだけど、『免許の入った財布を盗まれた?馬鹿やろう!落としたって書け』と、どやされた。(盗まれた免許証はI偽造に使われるため)見つかりもしない財布をあいつら捜さなきゃいけないからね」

「ロシアで一番の善人が、財布を拾ったらどうする?」

同僚3「道に落ちてるのは自分のものだぜ」

「いや、でも一番の善人が拾ったら、だよ?」

同僚3「・・・まてまて、日本じゃ拾った財布を届けるのか?本当に?すごいな!」

同僚4「俺もフランスで拾ったときは、届けたぜ。先進国でのマナーに従って」

同僚3「うそつけ。はーん、さては可愛い女の子だったんだろ」

「・・・。」

日本万歳!!万歳!!

|

« ロシア人、男と女の事情 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロシア人、男と女の事情 | トップページ